daiboo

フィッシャーズ(Fischer’s)といえば、今や人気急上昇からの完全に人気が定着した感があります。

そんな状況で未だ新参古参問わず関心を引き続けているのがダイブーという方。

恐らくみなさんご存知の通り、メンバー間で色々とごたごたを起こし、フィッシャーズを半ば追放のような形で脱退した元メンバーです。

そもそもダイブーをそんなに知らないという人も増えてきたと思うので、ダイブーの紹介から、現在の噂まで最新情報をまとめたいと思います。

スポンサーリンク



シルクロードと同じくらい人気が有ったダイブー

フィッシャーズで現在人気なのはシルクロードですが、昔いたダイブーというメンバーも並ぶくらいの人気が有りました。

丸顔でイケメンな見た目のダイブーは自由な性格で、トークも上手く、場の雰囲気に気も配ることができるメンバーでした。

俗に言う友達に絶対に一人は欲しいタイプですね。

友人としても、動画に出演するフィッシャーズのメンバーとしても欠かせない存在なのは言うまでもなく、視聴者からの人気もかなり高かったです。

しかしある日を境に急にツイッターに低浮上になり、アカウントは削除、突如脱退動画がフィッシャーズから出されてしまうのでした。

※ちなみにダイブーの年齢は2016年現在22歳(フィッシャーズメンバーと同級生)です。

ダイブーが抜けた理由は積み重なった不満!代表的な3つ

ダイブーが抜けてしまった理由はズバリ、ダイブーによる身勝手な行動にメンバーが不満を募らせ、いよいよ限界が来てしまった結果です。

何か大きな一つの理由だけが原因というわけではないということですね。

不満を全てを視聴者に公表したわけではないので、本人達にしか分からないことも多いと思いますが、判明している不満を3つ集めてみました。

・時間にルーズ!

ダイブーさんは色々とルーズな人だったという話があります。

ダイブーさんが自由人なのはみなさんご存知の通りですが、裏を返せばやはりルーズな部分もあるということでしょうか。

動画で確認できる分には、シルクさんがダイブーさんに約束をすっぽかされてキレたということがありました。

2013年12月頃の動画ですね。今でも結構視聴されてるみたいで、「真面目な話なのにふざけるな」という風なダイブーに対する批判コメントが多く見受けられます。

シルクロードさんはこういうことは一番嫌いそうですからね。この一件は許したそうですが・・・。

この件だけはやめるほどではないちっぽけなことですが、同じようなことが裏で何回もあったのだと思います。

・彼女をメンバーに内緒で作っていた!

フィッシャーズでは視聴者との恋愛について決まりがあり、もし視聴者と恋愛関係になった場合、

・隠さずメンバーに相談する
・動画で公開してもいいような真摯な付き合いをする

ことが条件としてあったようです。

このフィッシャーズ内の恋愛条件に関して一番口うるさく言っていたのがダイブー

メンバーが相談してきたことも何度かあったらしいですが、ダイブーはその都度厳しく対応していたそうです。

さすがダイブー、フィッシャーズを思うからこその対応に思えますが・・・

しかし後に、実はそのダイブー本人がメンバーに内緒で彼女を作っていたことが判明します。

こうなるとメンバーは怒って当然ですね。

・一部のメンバーを友達とは思っていなかったと発言

一部のメンバーのことを見下していた、友達と思っていなかったという旨をダイブーが発言したということを脱退動画でシルク達が語っていました。

これはもう根本的に今までの信頼関係を崩す発言なので、言語道断ですね。

この発言が今までの募っていた小さな不満を一気に爆発させるトリガーとなってしまったのではないかと思います。

ダイブーの復活はある?ダイブーとフィッシャーズメンバーの現在の関係

ダイブーの復活とフィッシャーズメンバーとの関係について書いてみます。

現在のダイブーとフィッシャーズメンバーの関係!

現在のダイブーとフィッシャーズメンバーの関係はどうなっているのでしょうか?

脱退後は暫く名前すら一切出なかったのですが、最近では徐々に一部のメンバーとは交友関係が見られるようです。

ザカオのインスタにダイブーが時々登場しています。

シルクロードとダイブーが一緒に遊んでいたというツイッターの目撃情報も発見できました!

ダイブーの復活の可能性は?

ダイブーさんはもう一般人に戻って長いですし、フィッシャーズも当時と今とでは人気が桁違いなので今更復帰するのは難しいと思います。

しかし友達としてでも繋がっているというだけでもファンには嬉しい話ではないでしょうか!

今のダイブーさんとフィッシャーズの関係を見る限り、ゲスト出演とかなら今後も出演の可能性はあると思うのでそういう形を期待してみましょう。