前々から囁かれていた、タケヤキ翔さんとカイトさんの不仲説(カイトさんがタケヤキ翔さんの動画に出なくなった件)について、当事者二人が詳細を動画に出したので、時系列に沿ってその内容をまとめておきたいと思います。

最初にタケヤキ翔さんがソロで説明した分(現在削除済み)を軸に、その後タケヤキ翔さんとカイトさんが補足する形で出した分の二つの動画を参考にしました。

動画を見ても良く分らなかった方や、一部不明な部分を補足したい方の参考になればと思います。

スポンサーリンク



タケヤキ翔の裏方として入ってきたカイトが、友情出演する内にコンビのチャンネルと捉えるようになる

一人でユーチューブに動画投稿を始めたタケヤキ翔さん。

投稿を始めてから暫く経ち、ちょっと知名度が出てきた頃に、幼馴染のカイトさん(25年来の付き合い)がタケヤキ翔さんの動画をたまたま発見します。

タケヤキ翔さんのカメラ等の裏方をやりたい、と思ったカイトさんはタケヤキ翔さんに申し出て、タケヤキ翔さんは了承します。

それからカイトさんは裏方だけでなく、”友情出演”という形でタケヤキ翔さんの動画に出演もし始めるようになります。

タケヤキ翔チャンネルはあくまでタケヤキ翔さんがメインのチャンネルなのですが、カイトさんは動画出演が多くなるにつれて、タケヤキ翔チャンネルはタケヤキ翔と自分(カイト)のコンビのチャンネル、という風に誤解して捉えるようになっていってしまいます。

タケヤキ翔とカイトの二人がメインの「なじみーず」チャンネルを開設

タケヤキ翔チャンネルをコンビのチャンネルとして捉えているカイトさんに、タケヤキ翔さんは「タケヤキ翔チャンネルはあくまで自分一人のチャンネル」であることを伝えます。

カイトさんとしては、25年間幼馴染という友達関係なのに、タケヤキ翔さんがリーダーで自分(カイトさん)がサブ、というような関係性にずっと不満を募らせていたようです。

自分から裏方をやりたいといったのに、それを不満に思うのはおかしいのでは?と思うかもしれませんが、カイトさんにはやりたいことの変化が有りました。

最初は裏方をやりたいと思っていたカイトさんでしたが、時の流れで、自分でゲーム実況をやりたい、と思うようになっていたのです。

悪く言えば、欲が出てしまったと言えます。

そこで二人は話し合い、「なじみーず」という二人メインのゲーム実況チャンネルをタケヤキ翔さんのチャンネルとは別に開設しました。

タケヤキ翔さんからは「自分はメインを頑張るから、二人ではなじみーずを頑張ろう」と、しっかり住み分けしつつ両方全力で頑張ることをお互いで決めます。

スポンサーリンク



カイト「ソロでやりたい」 東京の人に説得され・・・

それから月日が流れ、事務所(ジェネシスワン)の関係で東京に行く機会ができます。タケヤキ翔さんは夜勤で行けなかった為、カイトさんが一人で行くことに。

それでカイトさんが東京の人と話したときに、「なんでタケヤキの動画に出ないの?」という話をされて、色々相談している内に「ソロでもいいんじゃない?」とアドバイスを受けたそうです。

東京の人がこのようなアドバイスをした理由としては、「幼馴染って言う関係から、友達ではなくメインとお手伝いという関係になっている二人を見ていられなかった」からだとカイトさんは説明しています。

※東京の人とは誰か?という疑問については、マホトさん、ヘキトラさん、カワグチジンさんなどが予測されていますが定かではありません。

そのようなアドバイスを受けて、カイトさんはソロでやりたいと思うようになったそうです。

東京から帰ったカイトさんはタケヤキ翔さんに「ソロでやりたい」と告げますが、タケヤキ翔さんは拒否します。

その理由は、別にソロを始めること自体はいいけど、カイトさんの場合「一つの物事に熱中する」という昔から見てきた性格上、ソロを始めるとなじみーずが疎かになる、と考えたからです。

東京の人たちも交えて二度に渡り話し合い(電話)をした結果、なじみーずとソロを合体させたらカイトさんのソロとなじみーずの活動を両立できる上、よいものが出来るんじゃないかとの考えに至り、そのように決まります。

結論=なじみーずのチャンネルでカイトのソロ、なじみーずのゲーム実況を交互のペースで上げていく

※ちなみに話し合いの途中、「抜かされるのが怖いの?」とタケヤキ翔さんが東京の人の誰かに言われて若干揉めたそうです。

その後全く連絡は来ず、なじみーずのチャンネルにカイトのソロ動画が勝手にポンポン上がる

その後一週間~十日くらい、タケヤキ翔さんにカイトさんから全く連絡はなく、次になじみーずのチャンネルを見てみるとカイトさんのソロ動画が5~6本連続で上がっていたそうです。

そこでタケヤキ翔さんは「なんかおかしいな。約束と違うな」と異変を感じたそうです。憂慮していた「一つの物事(ソロ)に熱中してしまっているのかな」と不安になります。

そこからもずっと連絡はなく、ずっと自分のソロ動画をあげている状況に「ああ、これはまずいな」といよいよ。

その後グループラインで集まる予定を立てるも連絡はなく、カイトさんは他のユーチューバーと会っていてすっぽかします。

スポンサーリンク

「これは決めたことやから」と突然カイトから連絡が来る

カイトさんから連絡がないまま、用事でシンガポールへ発つタケヤキ翔さん。

シンガポール滞在2日目にいきなりカイトさんからLINEで連絡が来ます。

その内容が↓

「これは決めたことやから。事務所にも話したことやから。なじみーずのチャンネルを俺のソロにする。で、ソロの中でなじみーず(二人)の動画をあげていく。チャンネル名自体は俺のチャンネルにする」

それを見たタケヤキ翔さんは、流石に「は?」となったそうです。

タケヤキ翔(約束も守れず、いきなり来る連絡がそれ?)と思ったそうです。苛立ちや疲れもあり、すぐ返信はせず後回しにします。

その後、なじみーずのチャンネルを見てみると、カイトさんの名前のチャンネルになっていたということです。

シンガポール帰国後、話し合いをするもタケヤキ翔は決別

シンガポールから帰国して暫く経って落ち着いたタケヤキ翔さんは、「決定事項を伝えるのはおかしいし、LINEで送ってくるのもおかしい」と、二人で対面しての話し合いの場を設けます。

お互いの不満点について話し合い、悪いところは認め合って一通りの不満点は解決することとなりました。

チャンネル名を勝手に変えた件などについても、カイトさんからタケヤキ翔さんへ謝罪もなされたようです。

しかし結局の結論として、カイトさんはソロでやっていきたいということで、なじみーずはなくなってしまうこととなりました。

タケヤキ翔さんはこのカイトさんの判断に納得いかなくて抗議しましたが、カイトさんから「翔ちゃん、考え方が固いねん」といわれプチンときます。

(もういいわ)と思い、全く心の篭ってない和解の言葉「またこれからも宜しくな~」と言って、帰ったそうです。

考え方のすれ違い

「僕としては結局ここまで話し合って作り上げて、事務所にも話通して、なんでそこで二人裏切るっていうか、その、チャンネルを捨ててまでソロでやりたいんかっていう風な考え方なんですよ」と、一本目の動画で怒りを表していたタケヤキ翔さん。

しかしカイトさんはカイトさんで、結局どうすれば二人が上手く行くか考えた結果、ソロでやっていくのがいいと判断したということを、二本目の動画で説明を加えています。

そして「二人で決めたから~」とその点に強く囚われすぎているタケヤキ翔さんに、「考え方が固い」と言った言葉の真相があったそうです。

タケヤキ翔とカイト、現在は和解

これまでの経緯がタケヤキ翔さんとカイトさんが不仲だった真相ですが、現在は正式に和解したことを動画やツイッターなどで発表しています。

タケヤキ翔さんは正直カイトさんの行動全てに納得はしていないと思いますが、一番プチンと来た「考え方が固いねん」という言葉を放ったカイトさんなりの二人を思った理由が聞けて、悪気があって言ったのではないと理解して納得できたのではないでしょうか。

タケヤキ翔さんとカイトさん両者の意見を聞いても、カイトさんの方がやや自分中心という印象は否めませんが、当人達の間ではもう納得済みで解決したということなので、これで終わりということで良いでしょう。

春にはコラボが決まっているということで、これを引きずらずに楽しい動画になるように応援したいですね。